micura-blog — report RSS



MiCURA Sake brewing 2 TYPES Moromi DAY 5 /MiCURA 日本酒自家醸造 2種 醪5日目

お米が溶けてきました。昨日はあんなに櫂入れがしづらかったのに、2回目の今回は随分ラクに。 The rice gradually began to dissolve. Kai-ire is much smoother today than Yesterday.     Mellowのほうは汲水歩合もだいぶ詰めており流動性が悪いため、表面は蒸米で覆われたままで、大人しそうに見えますが、櫂入れするとMellowのほうがゴボゴボッ!と活発な様子。   麹の割合が多いので、Crispに比べ米の溶けも早いです。   Since Mellow has low fluidity as it has smaller ratio of water, the surface is covered by rice and looks quiet.  But when I do Kai-ire, I felt “Mellow”is more active than Crisp. Also the rice is dissolving faster, as it has larger ratio of Koji.        ▼櫂入れ前(左:Crisp   右:Mellow) ▼Before Kai-ire(Left: Crisp   Right: Mellow)     ▼櫂入れ後(左:Crisp   右:Mellow) ▼After Kai-ire(Left: Crisp   Right: Mellow)   醪のお米が徐々に溶け、シャバシャバ(液化)していく現象には、麹の酵素が関係しています。   麹菌は生物で、酵素は麹菌(生物)が作り出す物質で、たんぱく質の一種です。   そしてこの酵素が、お米のデンプンを糖に変える力をもっています。(詳しい話は別途まとめて書きます!)   そして酵母(デンプンやタンパク質を利用できない)は、この麹が作り出した糖を使って発酵していきます。   醪の容器を覆っているラップを開けると、青リンゴ系の爽やか香りが漂います。    Koji-yeast is a living thing and the enzyme is a substance, a type of protein produced by Koji-yeast.  And it is...

Continue reading



MiCURA Sake brewing 2 TYPES Moromi DAY 2 /MiCURA 日本酒自家醸造 2種 醪2日目

留仕込み後1、2日はお米が水を吸って膨らみ、まるで3合の米を4合分の水で炊いてしまったときの柔飯のようです。 ご飯にしては柔らかすぎるし、お粥にしては固すぎるし水分量がすくない。   For a few days after Tome-shikomi, the rice has soaked up the water and looks like a failed steamed rice I messed up the proportion of the water. Too soft as a steamed rice but too hard and too little water to be called as a rice porridge.

Continue reading




MiCURA Sake brewing Pressing -Tips of pressing- / MiCURA 搾り -搾り作業のヒント-

MiCURAでは、いろんな搾り方を実験し、エントリーモデルであるMiCURA Kotohajime Ver1.1 では、鑑評会出品酒など高級酒に用いられる「袋吊り」を自家醸造向けにアレンジした搾り方を採用しました。 In home brewing, we take various means utilizing limited facility. Especially in the pressing process, some creativity is required. 

Continue reading