MiCURA Sake brewing Moromi Day 13 / MiCURA 醪13日目(酒造り16日目)


櫂入れして、表面に形成された泡が一度消えても、1日後には櫂入れ前よりも多くの泡が形成されていました。

Though the foam appeared on the surface of the moromi was once disappeared by Kai-ire,  more foam have appeared a day later.

 

泡アップ

Close up

櫂入れは毎日する必要はないのですが、櫂入れの感触で、米の溶け具合などが観察できます。

 

なにで毎日軽く櫂入れしていると、手の感触を通じて醪の日々の変化を知ることができますよ😊

 

You dont need to do Kai-ire every day, but you can observe the condition of moromi; how much the rice has been dissolved, by the feeling of kai-ire. 

So you can actually perceive the change of your moromi through the feeling in your hand if you do kai-ire every day. 

 

また、毎日味見すると、日に日にアルコール感が増し、甘さ減っていっているように感じられます。

Also, tasting the moromi every day, I can feel the alcohol feeling is increasing while sweetness is decreasing. 

日本酒の発酵形式は「並行複発酵」とよばれ、麹による糖化(米のデンプンを糖に変換する)と、酵母によるアルコール発酵(糖をアルコールに変換する)が一つのタンクの中で同時に(並行して)行われています。

 

酒蔵では日々醪を分析し、糖化と発酵のバランスを考え、醪の品温操作をしています。

 The fermentation style of Sake is called multiple parallel fermentation”; Saccharification (convert rice starch into sugar) by Koji and alcohol fermentation (convert sugar into alcohol) by yeast occur simultaneously in the same tank. 

In Sake brewery, the brewer analyses moromi every day and control the temperature considering the balance between saccharification and alcohol fermentation.